決済代行会社を決めて申し込むとき

決済代行会社を決めて申し込むとき

ネットショップなど、自分でショップやサイトを開いて運営していく際、金銭管理は非常に重要なものになります。

お金の出入りを把握しやすくするため、決済の事務業務を簡略化するために、決済代行サービスは今や必須のものになっています。

さて、その決済サービスですが、どのような流れで導入していくのでしょうか。

まずは、自分のネットショッピングサイトへ、決済サービスを導入するにあたりどのくらいの費用がかかるのか見積もりを出すように求めます。

次に各クレジットカード会社の審査を受けるのですが、こちらは決済代行会社がすべてまとめて行います。

審査機関はまちまちで、2か月ほどかかる場合もありますから、時間にゆとりを持って計画しましょう。

クレジットカード会社の審査通過後、代行会社と契約を結ぶのですが、このとき、契約に必要な書類がありますから、きちんと確認して前もって準備しておきましょう。

代行会社から、決済代行のシステムを導入し、テスト決済で問題がなければいよいよ運用開始です。

決済代行サービスで、必要になる費用

ネットショップや、サイトの有料コンテンツなど、自分で開業、作って運営していくとなると、当然のことながら経理の仕事も必須になります。

今ではクレジットカードによる決済や、銀行振り込み、コンビニでの決済など、決済の方法が多様化していますから、それに対応していかなくてはなりません。

しかし、ひとりで個々に対応するとなると大変ですよね。

ですから、決済代行会社と契約して、決済代行サービスを受けるというのが主流になっています。

代行サービスを受けるということは、もちろんそこに費用がかかるということです。

実質どのくらい費用がかかるのかという見積もりをしっかり行って、ネットショップなどの運営をしていくことで、費用を必要最小限に抑えることができるでしょう。

決済代行を依頼

決済方法に関係なく必要となるのは、決済代行会社と契約するときの初期費用、それから月ごとの月額固定費用です。

なかには無料で行っている会社もあるようです。

また、クレジットカード決済を行うときに必要な決済手数料など、決済のつど必要になる経費があります。